iPhoneの音をPCで再生する Shairport4w


先日、「AirServer で iPhone4S/5 画面と音を配信する」という記事でiPhone の画面と音をPCで再生するソフトAirServer を紹介しました。iPhoneの画面キャプチャが必要なときはこれでいいのですが、なんといってもPCへの負荷が高い。配信ソフトやブラウザなどたくさんのソフトを同時に起動するライブ配信では気になります。

そこで、たとえば iPhone で BGM など音だけを流せる軽いソフトがないかと思って探したら、ありましたぜダンナ。ひゃっほう!

Shairport4w を使う

Shairport4wAirPlay対応オーディオ再生ソフトです。iPhoneの音を無線LAN経由でWindows PCから再生するとてもシンプルなオープンソースソフトウェアです。SourceForge の Shairport4wプロジェクト から Shairport4w.zip をダウンロードして展開すると、Shairport4w.exe ってファイルがぽつんとひとつだけ入ってます。たったこれだけ!

起動すると、こんな画面です。タスクトレイに入れとけます。家庭内のローカルな Wi-Fi 環境ならパスワードはつけなくてもいいでしょう。Advanced で設定すれば、オーディオ出力デバイスを切り替えたり、バッファサイズを変えることもできます。

Shairport4w_001

Shairport4w_003

ライブ配信で使えるぞ!

じつは私、ライブ配信で効果音とかBGMを流すのに、iPadを使っているんです。なぜかっていうと、PCの負荷を抑えたいから。で、これまではオーディオケーブルで外部ミキサーに突っ込んでたんですよね。使っているアプリはこれまたとてもシンプルでお世辞にも使いやすいとは言えない iPon っていうの。ボタンが並んでるだけなので、すごく直感的で放送中に焦ってるときでも操作を間違えにくいんですよ。もうおっさんだから、トラブったりすると操作をドジるんです。いやですね、おっさんって。

garageband2

えーと、実際に1時間ほど仕事しながら動かしてみましたが、GarageBand でも問題なくAirPlay再生可能で、急に落ちたりという現象は今のところはありません。それから、初代iPadやiPhone3GSなど旧バージョンOS搭載機でも問題なし。気になるのは、音の出るタイミングが少し遅れることくらいです。こればっかりはネットワーク経由で音を出すときにはやむを得ないでしょう。iPhoneやiPadに仕込んだ音を配信でサクサク活用するには十分です。

そして何よりも、ソフトがすごく軽い。CPU負荷は1%ほどです。映像のミラーリングが必要ないなら、AirServer よりも断然こっちがいいですね。

Windows の対応バージョンなどの明記が見つかりませんでしたが、ソースコードを見たところ libao というこれまたオープンソースのマルチプラットフォームオーディオライブラリを使用しているようです。WinMMを使っていますから、おそらく、Windows XP 以降であれば動くんじゃないでしょうか?

使用上の注意

AirServer でも同じでしたが、同ー Wi-Fi ネットワークにPCもiPhoneも属していないと通信できません。私の場合、有線LANでつながっているデスクトップPCには、USBタイプの無線LANを搭載して使っています。

Enjoy!

参考

  • AirServer で iPhone4S/5 画面と音を配信する
    http://blog.ume108.mobi/?p=893
  • Shairport4w
    http://sourceforge.net/projects/shairport4w/
  • iPon (\170、2013年2月6日現在)
    https://itunes.apple.com/jp/app/ipon-pon-chushi/id422836066?mt=8
  • libao
    http://www.xiph.org/ao/

You can skip to the end and leave a response. Pinging is currently not allowed.
Subscribe to RSS Feed Twitter は Ume108 だよ