AR101 オーディオレトリバーの使いかた


Fostex AR101 発売

Fostex から AR101オーディオレトリバーが4月25日に発売されました。入手してからレビューをと思ってたけど、なかなか手にできないので先行して紹介しておこうと思います。マイクの性能なんかは、試してみないと分からないから改めて書きますね。

これまでFostexが発売してきた AR-4iは、iPhone4/4S/iPod touch 4th専用のオーディオインタフェ-スで、主に録画・録音、それからUstream、Twitcastingのライブ配信などで重宝する製品だったわけですが、AR101はiPhone/iPod専用という枠を取っ払って、汎用性を高めた製品です。それだけに、使い方にはいろいろと工夫ができますし、またそれに対応する機能が加えられていますので、簡単に紹介しておきましょう。

主な製品スペック

対応機種

  • iOS機器:iPhone 4S/iPhone 4/iPod touch (4G)/iPad (3G)/iPad 2
    ※Apple Lightning-30ピンアダプタを使用することにより、iPhone 5,iPod touch (5G)でも動作します(アダプタは製品に付属しません)。
  • PC:Windows XP以降/MacOSX10.6以降。※OS標準のドライバーで動作します。

入出力

  • アナログ入力
    • コネクター:φ3.5mmステレオ・ミニジャック×2
      入力信号タイプ:ライン/マイク兼用
    • 設定可能ゲイン:-12 〜-59.5dB
    • プライグインパワー出力:常時出力(約2.5V)
    • レベルメーター LED:11ドット(システムステータス兼用)
  • PHONES(3.5mm)
  • STEREO OUT (3.5mm)
    出力レベル:ライン〜マイク
    (iOS設定アプリで切替:-10dBV,-20dBV,-30dBV,-40dBV,-50dBV)

付属品

  • 取扱説明書、単一指向性マイク×2、専用30ピンドックーUSB mini Bケーブル、ハンドグリップ、スマートホンホルダー、シューホルダー、インナーイヤーヘッドホン、ポーチ

ポイントとしては、iPhone 5、iPod touch (5G)、iPadに対応したこと。Apple Lightning-30ピンアダプタは必要ですが、これでたとえ iPhone 5S が出ても、たぶんそのまま使えることでしょう。AR-4iは筐体を差し込むデザインだったので、こういうことができませんでした。賢明な設計だといえるでしょう。そして、PCのオーディオインタフェースとしても使えるというのはうれしいところ。Androidでもサポート対象外だけど、動くことがあるらしいです。つまり、
USB オーディオとしての汎用性がグンと向上
したわけです。

もう一つのポイントは、STEREO OUT 端子がついて、その出力レベルが設定できること。そのままLINEレベル(-10dBV)で使うこともできるし、レベルを落としてビデオカメラなどのMIC入力端子に突っ込むこともできる。USBを使わないで、ステレオマイク+ミキサーとして活用できるわけです。

使い方

iPhoneとの組み合わせ

fostex_ar4i_3
もちろん、一番多いのはiPhoneに繋いでライブ配信や録画・録音というパターンでしょう。スタジオでのちょっとした録音などにも威力を発揮します。マイクを変えることができますので、ガンマイクなどに変えれば遠くの音もばっちりとれるでしょう。

デジタルカメラ・ビデオとの組み合わせ

fostex_sr101b_4
デジカメ・ビデオとも相性がいいです。カメラシューにそのまま取り付けられるようになっています。デジカメ標準マイクの音が気に入らないというような人にはおすすめ。Test Tone出力機能もあるので、レベル合わせもきっちりできます。

PCとの組み合わせ

PCとの組み合わせでは、普通にUSBステレオマイクとして使えます。また、PCの音をステレオミックス(Manual Mixing)できるので、出力音を配信できないTwitcastingでPCで再生してBGMなんかを流すことができます。

気になるところ

まだカタログを見ただけですが、気になるところも書いておきましょう。

まず、iPhoneと繋いだときは本体の各種設定がアプリから簡単にできます。また設定は外した後も保持されるようです。でも、デジカメ、ビデオ、PCから使っているときには、AR101本体のロータリーエンコーダを操作して音量などを調整します。このモード切り替えが少しわかりにくいマニュアルに表がありますので、頭に叩き込んでおくか、この部分だけでも印刷して持っていたほうが無難でしょう。もう2つほどLEDを増やしておいてくれれば分かりやすくなったと思うんですよね。

それから、本体をiPhoneやデジカメ・ビデオと組み合わせるとやはり少し重いと言っている人がいます。付属のグリップは使いやすいのですが、場合によっては一脚、三脚などの用意があるといいかもしれません。

なお、レトリバーは英語ではRetrieverです。犬のレトリバーと同じスペルなんですよ。これ持ってライブ配信に走り回りたいですよね。わんわん!


AR-4i

fostex_ar4is

AR101

fostex_sr101b

You can skip to the end and leave a response. Pinging is currently not allowed.
Subscribe to RSS Feed Twitter は Ume108 だよ