AirServer で iPhone4S/5 画面と音を配信する

airserver3a

サウンドハウス

AirServerって何者?

今回はちょっと音ネタから外れるのですが、AirServer というソフトを紹介しましょう。AirServer というのはざっくり言うと、iOS(iPhone/iPad)の AirPlay の絵と音を Windows、Mac OS をホストにして表示するツールです。iPhone から AppleTV なんかに映像を流せるのと同じことを、Windows、Mac OS でできるわけです。これは有料のソフトなんですが、7日間トライアルが可能で、通常ライセンスが $14.99、学生ライセンスが $11.99、広告ライセンスが $3.99 です。試していませんが、広告ライセンスはきっと広告が画面に表示されるんでしょう。COMMERCIALライセンスは、いわばボリュームライセンスで、20ライセンス以上必要な場合の割引のようです。(2013年3月11日追記)この原稿執筆時点での最新版は、Version 1.1.2 (2012年12月6日)です。

http://www.airserverapp.com/

あれ、1.1.1 がインストールされてるや。アップデートしときましょう。これ、iPhone 側はなにもする必要がありません。AirPlayはiOS標準搭載の機能ですから。

AirServerを設定する

airserver2a

airserver1まず一番大事なことは、iPhoneとPCが通信できること。無線LAN等で同じネットワークにつながっていなくてはなりません。もしかしたら、ファイアウォールなどの設定も変える必要があるかもしれませんね。

通信ができるようになったら、iPhoneのホームボタンをダブルクリックして、画面下のアイコンの並び(起動中アプリ)を2回右にスライドして動かすと音量ボリュームが表示されているはず。その横に、AirPlayのボタンが表示されているならそれを押してマシン名を選びます。「ミラーリング」は iPad 2/Retina/Mini、iPod Touch 5、iPhone 4S/5 だけでできます。古い iPhone では残念ながらビデオや写真を表示できるだけです。また、著作権保護されたコンテンツの映像は表示できません。(2013年3月11日追記)

接続できれば普通に画面が表示できたはず。Ustream、ニコ生配信では、この画面を配信ツールでキャプチャしてやれば、動画にきれいな映像でのせられますよね。ウィンドウはリサイズもできます。

設定を見直す

すこし設定で気をつけることを書いておきましょう。システムトレイのAirServerのアイコンを右クリックすると、Settings(設定)というメニューがあります。同じ設定画面は、AirServerのウィンドウが開いてから、View→SettingsでもOK。

General設定

ここでは、Rebroadcast Automatically のチェックを外します。これは、iPhoneから来た映像と音声をもう一度配り直すという意味。必要がなければ、負荷が高くなるのでやめましょう。

airserver-gereral-settings

Audio設定

オーディオ設定では、出力するサウンドを選択します。普通は System Default でいいはず。それから、音の遅れが大きいときは Buffer Sizeを小さく、ノイズが出たり音が止まったりするときは、大きくします。これはマシン性能やネットワーク性能で変わってくるでしょうからトライ&エラーですね。

airserver-audio-settings

Display設定

ここ、かなり重要です。よほど高速のゲームでもない限り1秒に60フレームというのはどう考えてもやりすぎ。Limit the number of frames rendered per sedcond(1秒間の描画フレーム数制限)で、to the following value(次の値にする)を選んで、10~30フレームあたりにしましょう。値が大きいほどPCへの負荷が大きくなります。Always On Top(常に前面)はチェックしておきましょう。

airserver-display-settings

使ってみる

Ustream Producer や XSplit などでの画面取り込み方法はご存知ですね?その方法を使って、このウィンドウをとりこんでください。きれいな映像と音声を流せます。最初に言いましたように、昨日まで1.1.1を使っていた感想なのでちょっとアレですが、バージョン 1.1.1 ではたまに予期せず画面が消えてしまい、AirServer を再起動するということが何度かありました。はっきりとした理由は分かりませんし、バージョン 1.1.2 で良くなっている可能性もあります。

たとえば、Skype を iPhone でやって画面と音声を流したり、BGMかける時もiPhoneからというのがケーブルもミキサーも無しでできます。配信に使えそうな便利なソフトでしょう?AirPlayでパソコン画面でiPhoneに入れた映像を見たり色々使えますから、$15 はそんなに高くないと思いますよ。まだまだ円高ですし。

なお、Android でも doubleTwist+AirTwist でできるという記述がありましたが、試していません。試された方がいましたら、ぜひ教えてください。

airserver4

追記(2013年2月6日)

画面のミラーリングが不要で音だけを AirPlay で再生したい方は、「iPhoneの音をPCで再生する Shairport4w」も併せてお読みください。フリーだし、軽いソフトです。

You can skip to the end and leave a response. Pinging is currently not allowed.
Subscribe to RSS Feed Twitter は Ume108 だよ